トップページ     講演・活動履歴  
  橋 本 左 内 先 生
                     天保5年(1834)~安政6年(1859)
   佐々木長淳筆 橋本左内先生
  

 橋本左内先生は天保5年、福井城下常盤町(現、春山2丁目)で、藩医長綱の長男として生まれた。幼いころから学問を好み、15歳のときに有名な「啓発録」を著し自己を律する行動指針(5訓)を定めた。16歳のとき大阪に出て、緒方洪庵の適塾で蘭学、西洋医学を学び、帰国後は藩医として父の後を継いだ。しかし、学問の志を捨てがたく、21歳のとき江戸に出てさらに蘭学、漢学を学んだ。24歳で藩校明道館の学監心得に任じられ教育改革に取り組んだ後、江戸に上がり、藩主松平春嶽公の側近くに仕え、将軍継嗣問題や外交問題の国事に世界的な視野を持って奔走した。しかし、井伊直弼が大老に就任すると安政の大獄により幽閉され、安政6年26歳の若さで斬首された。西郷隆盛は左内先生を「その才気、学問、識見といい、到底自分が及ぶものではない」と称賛。また、明治10年に故郷鹿児島で亡くなる瞬間まで左内先生の手紙を肌身離さず持っていたことが知られている。橋本左内先生がこれほどまでの傑物であったのは、偏に若くして自らを律する誓いを立て、それを貫いて生きてきたからであろう。「啓発録」にふれるとき、私たちは立志の意義の大きさを改めて感じずにはいられない。

橋本左内先生生誕地
                   福井市春山2丁目
 
    
      生誕地・宅跡                           常盤の井                 

 橋本左内先生は天保5年(1834年)311日越前国福井城下常盤町(現春山2丁目)で生まれました。生誕地には左内先生が育った宅跡を示す石柱と御物啓発録碑が建っています。また、左内先生が生まれたとき産湯としても使われた井戸と大正13年の皇太子殿下(昭和天皇)行啓を記念して建てられた「常盤の井」の標石が保存されています.
昭和34年に奉賛会(現 顕彰会)が設立され毎年411日に生誕祭を行うことが決定され今日まで連綿と守り続けられています。

御物啓発録碑


御物啓発録碑の
五訓
“去稚心・振氣・立志・勉學・擇交友”の字は橋本左内先生の自筆『御物啓発録』から福井の書家、石川信一瑞陽さんが謹写、地元の石工、見竹七太郎さんが福井城石(笏谷石)に刻字し昭和30年に建立されました。福井が誇る歴史的遺産であります。御物啓発録碑の五訓 “去稚心・振氣・立志・勉學・擇交友”の字は橋本左内先生の自筆『御物啓発録』から福井の書家、石川瑞陽さんが謹写、地元の石工、見竹七太郎さんが福井城石(笏谷石)に刻字し昭和30年に建立されました。福井が誇る歴史的遺産であります。

『御物啓発録』は橋本左内先生が24歳のとき、古い書類箱の底から見つけた15歳のときに著した啓発録原本に、左内先生が「この啓発録は、今から10年ばかり前、私が手記したものである」との跋文が書き加えられており、今は宮内庁に保存されています。               出典:「啓発録」伴五十嗣郎全訳注

       橋本左内先生生誕祭
    生誕地(春山2丁目・常盤町) 毎年4月11日開催  

        
     神主による神事       玉串奉奠     「橋本左内先生の歌」斉唱

 橋本左内先生は、天保5年(1834年)3月11日に福井城下常盤町(現、福井市春山2丁目)で生まれた。橋本左内先生100年忌を節目に、昭和34年福井市において橋本左内先生奉賛会(現、顕彰会)が設置され、爾来、毎年4月11日に生誕祭が生誕地・宅跡で行われる。福井新聞で「生誕祭 遺徳しのぶ」のタイトルで次のように記事が掲載された。
 『幕末の福井藩士、橋本左内の生誕祭が11日開かれ、地区住民ら約180人が郷土の偉人の遺徳をしのんだ。左内が生まれた旧暦3月11日にちなみ毎年4月11日に、春山地区住民らでつくる「橋本左内顕彰会」と市が開いている。神事では左内の肖像画を前に祝詞が読み上げられ、参加者は玉串をささげた。
その後、春山小6年生約60人が地区に歌い継がれている「橋本左内先生をたたえる歌」を元気よく合唱。祭典委員長の柳沢全之・同公民館長は「地区の人たちが左内先生についてもっと学び(その功績を)次世代に語りつないでいきましょう」と参加者に呼びかけた。』

   ◆  「橋本左内先生をたたえる歌」    作曲:石桁真礼生
   一、常盤の松の 色にはえ    二、烈々燃ゆる 真心に
       堅きみさをの 先覚者        稚心をすてて 著せる
      その身は医家に 生れしが     啓発録の 五条目
       皇国をおもう ひとすじに      早くも国に 名を得たる
       貫きとおす 金剛心          意気は岳飛を 凌ぐべし
    三、鎖国の夢は 破られて     四、苦冤は洗い 難くして
       風雲急に 動く時          二十六年 玉と散る
       国歩の難に あたらんと      烈士千古の いさをしは
       奮然決起 身を砕く          足羽の水と とこしへに
       りんたる誠忠 ああ高し       流れて清く 芳はしき


  「橋本左内先生胸像」と「座右の銘木碑」
         福井市文京3-11-12 春山公民館
      
この像は日本画家であり、また教育者(明治43年福井中
学校に職し、明治、大正、昭和の三代にわたり、27年間同校の教壇に立つ)であった故吉田文山翁の遺志で、昭和37年福井市青年の家に贈られたもので、同年1月15日に福井市成人式の席上で除幕式が行われた。爾来50年、福井市青年の家の3階大講堂で青雲の志を抱く若き人たちを見守って来た。像は昭和36年、福井大学助教授(当時)笠原行雄氏制作の実物大の胸像である。同氏の作品では、福井市左内公園の橋本左内先生像(昭和38年10月制作)、福井市立郷土歴史博物館の橋本左内先生立像(昭和39年10月制作)も知られているが、その中でも一番古い作品で歴史的価値の高い像である。
 平成21年秋、橋本左内先生没後150年目(安政6年・1859年没)の節目の年に春山公民館に移設された。
     
  「松平春嶽公筆 橋本左内先生小伝」
 


    
  
     佐々木長淳筆 橋本景岳肖像画
    賛 松平春嶽公筆「橋本左内小伝」

 家臣橋本左内は、名を
綱紀字をと称し、と号した。後年、本居宣長翁の「敷島のやまと心を人はば朝日ににほふ山桜花」という和歌の意を取って、みずから桜花晴暉とも称した。天保五年(一八三四)三月十一日、福井城下常盤町(現、福井市春山二丁目)に生れる。父の 名は長綱、通称をといい、医術をもって福井藩につかえていた。母は 越前国坂井郡箕浦(現福井市町)の大行寺住職ので名をといった。

 綱紀は、人となりまことにさとく、子供のころから学問を好み、藩の儒学吉田東篁ついて経書や歴史を学んだ。成長するにしたがい、世の中のさまを、大志をようになった。その人物見識は、余人をはるかに越え、しかも性格は、あくまで温和純粋謙虚さを失わず、一度も人と争ったことがなかった。二年(一八四九)十六歳の時、発憤て次のよに言った。「このような片田舎で学んでいたのでは、井の中のから出ることはできない。なんとかして中央に遊学し、天下の大学者に師事して知識を開いてもらいたいものだ。」

 そしてこの年の秋、ついに大阪に出て、当時第一等の学者であった緒方適々入門し、西洋医学を学んだが、嘉永四年(一八五一)、父が病に倒れ御役を勤めることがむずかしくなったため、帰国して父を助けることとなり、翌五年二月、福井へ帰り、その年十月、父長綱が歿するや、翌十一月ただちに家督相続を許され、藩医の列に加えられた。安政元年(一八五四)二月二十一歳、あらためて江戸に遊学し、蘭学者杉田入門した。成卿は、まず洋書一部をあたえて習読を命じ、その学力をした。綱紀は日夜これを研究し、片時ることなく、わずか一月で読解を終えた。成卿はその才能の鋭敏に驚きつつ、書物の内容について質
問をしてみたが、答弁はよどみなく流れるようで、しかも一つとして誤りがなかった。成卿は非常に
感嘆して、「わが学業をぎ得るものは、必ずこの人である」と賞讃た。
翌安政二年七月、藩命を受けて福井へ帰り、十月には藩医の職をぜら
れて
御書院番に即せられた。そして、十一月には再び江戸に遊学し、藩邸に寄宿して学問に励み、翌三年五月帰国した。ちょうど藩では、新しく文武の学校をし、学問を盛んにしようとしている時であったから、綱紀を藩校の幹事に任じ、一藩の教育改革に当らせた。これより先、福井藩の学風は、山崎を学祖とする崎門学が大勢占めていた。しかし、福井におけるこの学派は、とかく観念論におちいって、世の中の実際から遊離しがちであったので、綱紀はこれを憂慮し、藩校の教官をはじめとする教育関係者をよく諭し、正しくいて、従来の弊害を取り除いた。このため、藩の学風は大いに変化することとなった。

 安政四年(一八五七)七月二十四歳、綱紀を江戸にして侍読(主君に学問を教授する学者の役職)に任命し、内用(主君の側近にあって内々の用務にあずかる役職)を兼務させ、枢要な任務に参画させた。当時の日本は、六年アメリカ使節ペリーが来航して国交を要求してより以降、めて多事多難物情騒然していた。ところが、時の将軍公は病弱で将軍職の重責にえず、世嗣もなかったので、各藩の有志は協議して、英才の高く、天下の人望を集めている一橋慶喜を立てて、将軍の後継にせんとし、かつ条約や神奈川開港などの外交問題は充分公共の論議をつくすべきことであって幕府のにより決定すべきものではないとした。こうした状況下、綱紀は薩摩土佐など諸藩の豪傑や、土岐丹波守 永井玄蕃頭岩瀬肥後忠震などの幕府有司と親交を結び、右のことを実現するため力をし、周旋につとめた。また、水戸の徳川公・土佐の山内公(号容堂、それに私などもこの説を主張したのである。しかるに、大老井伊は、ひとり群議をして紀伊の徳川慶福公を擁立せんと願っていた。

 安政五年正月、綱紀は京都に、ただちに鷹司太閤政通近衛大臣の二公、及びの家臣の有志と議論をかわし、外国との条約締結・開国通商の二間題は、しかるべく朝廷のご裁決)を得た上で行わねばならないとした。この年七月、十三代将軍家定公がじ、紀伊の慶福公がで十四代将軍に就任し、慶喜公を立てんと運動した尾張徳川公・水戸の斉昭公・土佐の豊信公及び私は、これによってしい処分を受け、それぞれの屋敷に幽閉された。やがて十月二十二日夜、数名の幕府役人が藩邸、綱紀の役宅を捜索し、文稿及び書状の類を押収)して去り、その翌日、綱紀は江戸町奉行因幡守篤清から奉行所へ召喚され、藩邸禁錮を命ぜられた。その後、糾問を受けること数回、翌安政六年(一八五九)十月二日、入獄命ぜられ、同月七日、斬刑に処せられた。この時わずかに二十六歳。後にその遺骸を郷里福井に移し、某所った

  綱紀は、獄中にって次の詩をしている。

   苦寃洗ひがたくみ禁じがたし すればち痛悲仰げば則ち

   昨夜城中霜始めて 誰か知る松柏後凋の心

  また、別の一首にいう

   二十六年夢の如く 顧思すれば感ますます多し

  天大節 土室なほ正気の歌

これは、もはや死罪ぬことを知って、その覚悟をべたものであろう。

綱紀には兄弟が九人あり、姉烈子鯖江藩士の木内家に、二人の弟綱維は、ともに医を業とし、家名を高めている。その他の兄弟はみな幼くして歿した。著書には『がある。その詩は雄坤豪快、世をうる心が言葉の上にあふれ、読む者にその気概志操をありありと想像させる。

 このごろ、弟の綱維佐々木長淳に依頼して綱紀の肖像かせ、私のところに持参し、これに付属させる小伝執筆を願い出た。この肖像を見るに、ほどにせまっている。ああ、綱紀は多年国家の命運にかかわる問題を解決するため、さまざまに思いをめぐらし、寸暇なく活動したのであるが、時勢はそれを許容せず、ついにああした悲劇的な結果となってしまった。はなはだ遺憾ないところである。今、この肖像と対面して当時を回想、思わず涙がこぼれ落ちてしまった。かくして、記憶するところの大体を記して、綱紀の小伝を作り、もって綱椎に与えるものである。

    明治八年五月二十一日 正二位源慶永撰並に書


出典:「啓発録」伴五十嗣郎全訳注注記
 :原文は難解な漢文ですので、財団法人積善会発刊(昭和五十二年)
 「春嶽公記念文庫名品図録」に記されている口語訳を転載致しました。