HOME  FPとは? コラム プロフィールとFP倶楽部  講演と執筆
福井から情報発信! ウイークリーおもしろコラムは如何ですか?ご意見お寄せください。

 NPO法人 日本FP協会会員
 ファイナンシャルプランナー
             
CFP® 認定者
ご意見、ご感想はこちらまで→
NO。244 福井県、唯一出生率アップ 18.7.10.
昨年実施された国勢調査の結果がまとまり、厚生労働省より「人口動態統計2005年」が公表されました。
 概要は、
 @出生数は減少:前年より4万8117人減の、106万2604人でした。
 A出生率は低下:合計特殊出生率が04・05年の1.29から1.25に低下、過去最低となりました。

 
B死亡数は増加:前年より5万5410人増の、108万4012人でした。
 
C自然増加数は減少し、マイナス:出生数と死亡数の差である自然増加数は▲2万1408人で、明治32年以降初めてマイナスとなりました。
 
D婚姻数は減少:前年より6156組減の、71万4261組でした。
 
E平均初婚年齢は上昇:夫・29.8歳、妻・28.0歳で、ともに前年より0.2歳上昇です。
 
F離婚件数は減少:前年より8875組減の、26万1929組でした。


 
都道府県別に見た合計特殊出生率も発表されていますが、少子化に歯止めが掛からず苦しむ全国地方自治体のなか、福井県の躍進が注目をあびています。
 「1.25ショック」といわれるなか、福井県のみが、「前年の1.45から1.47へとアップ」し、順位も、毎年10位前後だったものが一気に沖縄に次ぐ2位に躍進しました。
1位 2位 3位 46位 46位 47位
沖縄県 福井県 宮崎県 石川県 富山県 京都 北海道 東京都
1.71 1.47 1.46 1.31 1.33 1.13 1.13 0.98
 
 
2006年5月29日に発売された、東洋新報社の都市データパ
ック「住みよさランキング005」によると、全国780都市の中で、福井市が総合順位で前年2位から1位にアップしました。ちなみに、敦賀市は12位、鯖江市は18位、越前市は40位です。
 「住みよさランキング」は、次の各指標(人口当たり)で算出しています。
  「安心度」:病院数や介護福祉施設、出生数などで算出します。
  「利便度」:小売業年間販売額や大型梱り店舗面積などで算出します。
  「快適度」:公共下水道普及率や都市公園免責などで算出します。
  「富裕度」:課税対象所得額などで算出します。
  「住居水準充実度」:住宅延べ面積、持ち家世帯比率等で算出します。

 
これまで福井県は「平均寿命が男女とも全国2位の長寿県」がブランドでしたが、今回、「出生率は全国唯一アップし、順位は全国2位の子育て県」が加わりました。「全国一の住みやすい県」、「失業率は全国最低の働きやすい県」、「三世代同居が全国二位の仲良し家族県」、「元気でいきき長寿県」の福井県に乾杯!!