HOME  FPとは? コラム プロフィールとFP倶楽部  講演と執筆
福井から情報発信! ウイークリーおもしろコラムは如何ですか?ご意見お寄せください。

 NPO法人 日本FP協会会員
 ファイナンシャルプランナー
             
CFP® 認定者
ご意見、ご感想はこちらまで→
NO。223 宮里藍ちゃんの国民年金基金 A (2008.2.3)
  「 宮里 藍、二十歳(はたち)になりました。
    国民年金に加えて、国民年金基金に入りました! ラク・トク・ナットク 」   
  プロゴルファー宮里藍ちゃんの「国民年金基金のCM」はお茶の間で大好評。

 しかし、あまり知られていませんね、残念で〜す。3回シリーズでポイントを説明します。
 
 「年金資金が回収できず、支払不能になりました」と全国小売酒販組合の年金共済事業が大揺れです。全国の酒屋さんから集めた掛け金で海外の投資会社の社債を約144億円購入、年間約10%の利回りを期待していました。ところが、投資会社の再投資先だった英国の会社が破たんし資金の回収ができなくなってしまったのです。
 酒販組合の監督官庁である国税庁から酒販組合の私的年金の資金運用に対して所定の手続き不備として、これまで2回業務の是正命令が出されていました。
 
 ご安心ください!「国民年金基金」は日本国憲法の理念のもと、国民年金法に基づき設立・運用されている公的な年金なのです。端的に言うなら、「国が管轄し保障する、安全・安心な年金」なのです。
 日本国憲法第25条に「全ての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は・・・社会保障の向上および増進に努めなければならない」と定めています。
 その理念を受けて、

 国民年金法の第1条は「日本国憲法の第25条の理念に基づき、老齢・障害又は死亡によって国民生活の安定が損なわれることを防止・・・」
 同第2条、第3条で「必要な給付を行い、政府が管掌する」と定めています。
 それでは国民年金基金についてはどうなのでしょうか?

 国民年金法の第10章に詳細に規定されています。
 第10章の第1条には「(国民年金法)第1条の目的を達成するために加入者の老齢に関して必要な給付を定める」と定めています。


 酒販組合の組合員の助け合いの共済事業で運営されている「私的年金」とは全く性格を異にするものなのです。
 ご理解いただけたでしょうか・・・