HOME  FPとは? コラム プロフィールとFP倶楽部  講演と執筆
福井から情報発信! ウイークリーおもしろコラムは如何ですか?ご意見お寄せください。

 NPO法人 日本FP協会会員
 ファイナンシャルプランナー
             
CFP® 認定者
ご意見、ご感想はこちらまで→
NO。209 株価とサザエさんと犬 (2007.10.31)
  日本経済の好況に後押しされ、日経平均株価は4年ぶり1万3500円を窺います。
 株価は人気によって左右されますが、株価を決める要素は何なのでしょうか。

 
イギリスの有名な経済学者のケインズは「株式投資は美人投票のようだ」の名言を残しています。つまり、誰が美人投票で選ばれるかを当てるためには自分が美人だと思う人を選ぶのではなく、みんなが美人だと思う人を選ばなくてはならないということなのです。これを株式投資に当てはめるならば、自分だけがこの会社の株が良いと思ってもだめ、多くの人がいい株だと思わなければ株価は上がらないということなのです。

 最近、株価の底堅い動きに合わせ、「サザエさんと犬」が株価の動きと連動するという、うわさ話が広がっています。
 
今春、大和総研の吉野アナリストは「TVアニメ“サザエさん”の視聴率が高いと株価は下がり、“犬”に人気が集まると株価は上がる」不思議な研究成果を発表しました。

 日曜夕方6時半からの国民的TVアニメ「サザエさん」、ほのぼのとした磯野一家の日々はお茶の間の人気をしっかり集め、常に20%近い高視聴率をキープしています。
 
2003年間から2年間の「サザエさんの視聴率」と「TOPIX(東証株価指数)」との連動を調べると、「視聴率が高いと翌日月曜日の株価は下がり、逆に低いと上がる傾向がある」と結論付けました。よく、日本の株式市場はアメリカのミラー相場であると言われてきましたが、それを上回る強い連動性が読み取れるようです。
 
「サザエさん症候群」という言葉が以前から精神心理学の世界に使われていました。日曜日の夕方に、ほのぼのとしたアットホームな番組を見ると、あ〜また明日から仕事かと強く意識しすぎ憂鬱になるというのです。それが株価に影響するというのです。

 また、
2003年から2004年の2年間でマスコミが犬を取り上げた記事件数を集計したところ、犬に関した記事が増えると株価が上がる傾向があるとレポートしています。この犬と株価の関係は大変強い相関関係が認めらたとのことです。
 犬ブームです。犬は生きがいや活力を与えてくれる癒し系の動物として家族の一員になっている今日、また来年の干支は犬です。
 
レポートは「来年は戌年、犬ブームはますます続き、株価にポシティブな影響が期待できる」と結んでいます。

 
最後は証券業界に席を置くアナリストの強い願望であり、レポートの本音なのでしょう。