HOME  FPとは? コラム プロフィールとFP倶楽部  講演と執筆
福井から情報発信! ウイークリーおもしろコラムは如何ですか?ご意見お寄せください。

 NPO法人 日本FP協会会員
 ファイナンシャルプランナー
             
CFP® 認定者
ご意見、ご感想はこちらまで→
NO。201  ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん (2007.9.5
 コラムN0。199「米国の金銭教育・レモネード屋さん」についてお問合わせが多くありました。絵本を紹介し、再度コラムに取り上げます。
  「ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん」 
      戎光祥(えびすこうしょう)出版   定価1,680円
          TEL  03-5375-3362
      著 者 リズ&ジェイ・スコット  おてつだい アレックス・スコット
      訳 者 藤井あけみ

 「ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん」という、実話にもとずく絵本が我が国で翻訳出版されました。アレックスは小児ガンと闘う4歳のアメリカの女の子です。
 「病院に小児ガンの研究費を寄付するためにレモネードを売ろう」
「自宅の庭でレモネード・スタンドを開きレモネードを売りそのお金で多くの病気のこどもたちを助けたい」というアレックスの思いは、オープン当日2000ドルの売上となりました。
 その噂は広まりマスコミにも取り上げられ、アレックスの活動は2004年にはアメリカ全州でレモネード・スタンドを一斉に開きレモネードを売る大イベントとなりました。
 しかし、2004年8月1日、アレックスは自宅で静かに息を引き取りました。わずか8年余の短かな命でした。しかし、アレックスの遺志は全米の子ども達に引き継がれ、6月12日は「アレックスのレモネード・スタンド・デー」と定められました。
 ≪When life gives you lemonns、just make lemonede≫
  〜すっぱいレモンをもらったら、甘くておいしいレモネードをつくればいいのよ〜
 「たとえどんな困難でも、それを変える方法はある」、この言葉が絵本のキーワードになっています。
 
 我が国では本年を金融教育元年と位置付けられています。(前々回のコラム・N0.197をご覧下さい)。これまでの金銭教育には30年余の歴史が有り、「お金や物を大切にする正しい価値観や選択力を育成しよう」と1973年にスタートとしまし。、これまで延べ1800超の幼稚園、小・中・高校を研究校に指定し金銭教育が行われてきました。
 金融教育はこれまでの金銭教育だけにとどまらず、「経済教育」「消費者教育」「キャリア教育」「法教育」などのさまざまな分野とかかわります。
 金銭教育の先進国「アメリカ」では、幼少からお金の4つの目的をしっかり教えます。
@「必要なものを買う(ニーズ)ために使うお金」、A「欲しいものを買う(ウォンツ)ために貯めるお金」、B「老後やマイホームのために蓄え増やすお金」、C「恵まれない人や世の中に役立つお金」の4つの目的です。
 ちっちゃなアレックスのレモネード・スタンドは、まさに「恵まれない人や世の中のために役立つお金」のお話でないでしょうか。

 
アメリカの金銭教育の原点は「レモネード屋さん」と言います。夏の暑い中、公園や道端で、「ワンダラー、ワンダラー」を可愛い声のレモネード屋さんをよく見かけるそうです。子どもたちは、味や値段、看板や売り方、さまざまな工夫をして売上を上げようとします。
 ひと夏の「レモネード屋さん」の体験を通して、子ども達はお金の大切さを学ぶのです。