HOME  FPとは? コラム プロフィールとFP倶楽部  講演と執筆
福井から情報発信! ウイークリーおもしろコラムは如何ですか?ご意見お寄せください。

 NPO法人 日本FP協会会員
 ファイナンシャルプランナー
             
CFP® 認定者
ご意見、ご感想はこちらまで→
NO。196  グリーンシート (2007.8.1)
 「鰹tうららか書房/福井県」と「コンピュータマインド梶vの2社が7月22日から、グリーンシート銘柄として指定されました。
 
グリーンシートとは、日本証券業協会が、未公開企業の株式を売買するために、平成9年7月からスタートさせた制度です。未公開企業への資金調達を円滑にし、また投資家の換金の場を確保する目的で、証券取引法上の有価証券市場とは異なった狙いで運営されています。2005年7月22日現在で、銘柄数は85銘柄、この2年で約50銘柄が新規に指定されました。

 グリーンシートの2つの特徴をまとめてみました。
 @ グリーンシートは「発行市場」
 
株式市場には大きく分けて、流通市場と調達市場の2つが有ります。東証・大証に代表される一般の証券市場は株式が売買される流通市場が中心ですが、グリーンシートでは企業の資金が供給される直接金融の本質たる発行市場が中心です。
 A グリーンシートは「拡大縁故増資」
 
従来の株式市場では、株式投資に関心のある投資家が売買目的で参加するのが一般的ですが、グリーンシートでは、会社や事業に関心を持つ方が幅広く株主となって事業を応援するために参加しているのが特徴です。

 これまでグリーンシートを経由して一般の証券市場に上場した企業は4社にとどまっています。

 これまでグリーンシートから廃止になった銘柄は、26社を数えます。
 グリーンシートの流通市場は直近1年間の売買高は、4億7千万円。月間最高は2005年1月の71百万円です。


 グリーンシートをご存知でしたか?