HOME  FPとは? コラム プロフィールとFP倶楽部  講演と執筆
福井から情報発信! ウイークリーおもしろコラムは如何ですか?なんとしても1年は継続します。ご意見お寄せください。

 NPO法人 日本FP協会会員
 ファイナンシャルプランナー
             
CFP® 認定者
ご意見、ご感想はこちらまで→
NO。126 お粗末!国民年金CM (2004.3.29)

 国が脅したりすかしたりです。「納めないと、もらえないのが国民年金。」「将来、泣いてもいいわけ?」「誤解、国民年金がもらえなくなるかも、って言ったの、誰?」。
 女優の江角マキコさんを登用しての社会保険庁の広告、江角さんが国民年金の保険料を納付していなかったことが判明しました。
 6億円を超えるという巨額な広告費を使ってのこのお粗末騒ぎです。その宣伝費は加入者が払った保険料で払われたという。これで本年のブラックユーモア大賞は決定ですね!

 
民主党菅代表は、「江角さんの参考人招致を求める、、」、福田官房長官は、「面白いと言っては、、ちょっと間の抜けた話、、」との談話を発表。坂口厚生労働相は記者会見で、「すべてのことに緊張感をもってやらなくてはいけない。少し、社会保険庁もいろいろなことが起こりすぎですから、、」。
 江角さんは、「払っていないことを知りながら出演していたわけではない、」と謝罪会見。
「顧問税理士が作成した確定申告書の社会保険料控除の欄に国民年金という記載があったので、それを信じていた、、」の釈明がまた物議をかもしている。保険料を納付していないのに納付したとして虚偽の確定申告をしていたことになり、また顧問税理士の税理士法違反が問われるという。そのような税理士はご自分の保険料を納めているのかな〜。
 
 ここからは国民年金空洞化の実態を見てみましょう。

        (参考/昨年7月の社会保険庁の社会保障審議会年金部会の資料より)

  @ 国民年金納付率(実際に徴収できた額の割合)の推移。
年度 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002
納付率(%)  84.5  82.9  79.6  76.6  74.5  73.0  70.9  62.8
  A 国民年金の未加入者と未納者数の推移。
1995年度 1998年度 2001年度
未納者  172万人  265万人  327万人
未加入者  158万人   99万人   63万人
  計  330万人  364万人  390万人
     *未納者:過去2年間に、全く保険料を納めなかった者。
     *未加入者:加入が義務にもかかわらず、加入しない者。
 2002年度(平成14年度)の国民年金納付率は過去最悪の62.8%です。
・ 年齢別では若い世代ほど未納率は高く、20歳台では50%を割り込んでいる。
・ 地域別では、青森県:前年対比17.3%減・宮城県:16.7%減・長崎県:16.5%減と東北、九州地区で落ち込みが大きい。


 
その理由を考えるなら、次の3点が上げられます。
@ 年金不信感の増大と景気回復の遅れにより保険料の負担感増大。
A 2002年度から市町村が代行していた保険料の徴収業務が国に移管された。
これまで全国3300市町村がこまめに徴収していたものが、全国312の社会保険事務所に徴収業務縮小です。
これまで東北・九州地方は、自治会や町内会が保険料徴収に協力していたのです。
B 2002年度から保険料の半額免除制度が始まると、これまでの全額免除の要件が厳しくなり免除対象者は前年277万人からほぼ半減の144万人に激減。全額免除から外れた人は、払いたいけど払えないと納付率は14.4%と低い数字です。


 未納率の悪化は政策の失敗以外のなにものでもないのです。
 「江角効果?」で、ますます年金離れに拍車がかかるのでしょうか?

コラム目次へ戻る